kmpen148のいろいろ

日常生活の雑感を書き出しています。備忘録的役割。

国立西洋美術館の常設展に行ってきました

 平日に休暇を取り、久々も久々、本当に久々に国立西洋美術館の常設展に行ってきました。ふと無性に行きたくなってしまったんですよね。

www.nmwa.go.jp

 ここの何がいいって、とにかく作品数が多く、絵画の時代も種類もバランスよく収蔵されていることです。

 西洋絵画には宗教画、風俗画、自画像、静物画など数多くの種類があります。企画展って大抵は人物や時代に焦点が当たるので、テーマ的には似たような絵画が多いんですけど、常設展では色んなテーマの絵画を見られる点がいいところですね。

 私はその中でも特に宗教画・風景画・静物画が好きです。
 元々ルネサンスなどの中世〜近世あたりが好きというのもあるのですが、宗教画は聖書の1場面が描かれていたり、「この人物のときはこれが描かれている」みたいなルールのようなものがあったりで、見ていて理解しやすいということもあるかもしれません。

 風景画を好きになったきっかけは、だいぶ前のことですが、東京都美術館で開催されていたターナー展を見に行ったときに、ターナーの風景画に圧倒されたことかな、と。

 ということで、こちらの常設展は、入場してすぐのゾーンが割と宗教画で固まっているので、ここが個人的なピークです。もちろん、近代あたりのセザンヌやモネとかも嫌いではないんですけど、やっぱり心惹かれるのは中世〜近世の絵画なんですよね。

 平日なら空いている見立てでしたが、修学旅行生(男子生徒の雰囲気からおそらく中学生)とバッティングしてしまい、想定以上の混雑具合でした。
 そんな状況もあり、時間にしてはそんなに長く滞在はしませんでしたが、久々の西洋絵画を堪能でき、非常に満たされた休暇でした。


 余談ですが、その後、某ゲームセンターに行き、クレーンゲームをやったんですけど、収穫なしでした。日々、YouTubeを見ながら勉強しているんですけど、そう上手くはいかないですね……。

 ここ最近、ちょっとクレーンゲームにハマっておりまして、ちょいちょい景品を取ることはできるんですけど、やっぱり全体的に見ると損失の方が大きいです。

 いやね、分かっているんですよ、クレーンゲームでお金を消費するくらいだったら、その分をNISAとかの投資に回した方が遥かに利益が出るんじゃないか、って。

 ただ、なんだろう、やっぱりあの獲得口に落ちたときの達成感?爽快感?はなかなか気持ちいいものがありますよ。まぁ、当然ながら、生活資金に支障が出ない範囲でやっています。そのつもりです。
 あとは自分の性格的に、一過性のもので、そのうちフッと熱が冷めると思います。


 今回はこんな感じです。

kmpen148.hatenablog.jp
kmpen148.hatenablog.jp
kmpen148.hatenablog.jp